Iラインを自分で処理する時の注意点とオススメの処理方法

Iラインの自己処理で気をつけるべきポイント

女性のIラインを自己処理で整える場合には、付近の粘膜部分に傷をつけてしまったり、出来るだけ細菌が付かない様な方法で処理を行う事をお勧めします。

具体的に言えば、処理方法は毛のカットを中心に、特に粘膜に近いところにはカミソリなどの傷や細菌感染の危険性のあるものは、あまり使用しない様にした方が無難でしょう。

また、Iラインの毛を毛抜きなどで無理に引き抜く事もお勧め出来ません。この部分の毛根は非常に強く、それを無理やりに引き抜くと毛穴が傷ついて、そこからまた細菌が入りこんで化膿してしまったり、毛穴が盛り上がってボコボコになったり埋没毛になってしまう可能性があります。

ですので毛抜き処理をする時は、アンダーヘア用の除毛クリームなどを利用するようにしましょう。

Iラインの上手な処理の仕方

smosm

前述したとおり、基本的にはアンダーヘアの長さを整える事を中心に処理をしていきます。粘膜部分から離れた部分はカミソリを使用したり、除毛クリームやシェーバーで形を整えます。Iラインの処理に不慣れな方は、除毛クリームよりもT字カミソリやシェーバーを使用した方が、綺麗に整えやすいと思います。

順序としては、まずはアンダーヘアのカットから始めます。カットしてから剃ったり抜いたりするのは一見二度手間の様に感じますが、毛が長いとカミソリやシェーバーで剃り辛かったり、形を整える際に輪郭が取り辛くなるので、先に短くカットしてしまいましょう。

アンダーヘアを好みの長さにカットしたら、次はカミソリやシェーバーで不要な部分を剃り落としていきます。

この時は下着を着けて、ヘアの形やはみ出した部分を確認しながら処理を行うとやりやすいかと思います。

カット

カミソリやシェーバーを使用する場合には、肌を保護するために専用ローションやクリームを併用するようにして下さい。また、事前に蒸しタオルなどで毛を柔らかくするか、お風呂に浸かった後に処理すると、お肌への負担や刺激を減らす事が出来ます。

除毛クリームを使用する場合には、綿棒などを使って塗付していきます。この場合は形を綺麗に整えるのが難しいので、大まかな外郭を除毛クリームで処理し、その後にシェーバーやカミソリで整えていくと綺麗に仕上がります。

全ての処理が完了したら、保湿液などを使ってお肌をケアすればIラインの自己処理完成となります。あとは下着や水着を着けて、処理出来てないところが無いかを鏡で確認して下さい。

慣れない内は少し手間に感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえば10分程度で出来るようになりますよ。

注意したいIラインの自己処理による黒ずみ

くろずみ

Iラインの自己処理によって、皮膚にダメージを与えつずけると、黒ずみになってしまうので注意しましょう。いちど黒ずみを起こしてしまったIラインを元の肌の色まで戻すのは難しく、コンプレックスになってしまっている方も少なくありません。

Iラインが黒いと男性に「遊んでそう」「不潔そう」などのマイナスイメージがついてしまいます。本来、黒ずみは経験人数や汚れなどによって起こるものではないのですが、先述した悪いイメージがあります。

Iラインの黒ずみは、あくまで肌のメラノサイトの過剰発生によるものです。粘膜付近は特に刺激に弱くメラノサイトが生成されやすい部分になります。

Iラインは、とてもデリケートな部分になっています。ダメージを受けることで肌を守ろうとしてメラミン色素が増えIラインの黒ずみになってしまいます。Iラインの黒ずみを起こしたくない人は、自己処理をやめましょう。