みんなどうしてる?Iラインの自己処理のメリット&デメリット

皆さんはアンダーヘアのお手入れをしているでしょうか。近年は当たり前になってきていますが、やはり人には相談しにくく

場所が場所だけに処理が大変です。今回はアンダーヘアの中でも自己処理が特に大変なIラインについてまとめていきます。

Iラインの自己処理のメリット&デメリット

sjij

Iラインは性器の周りなのでとても刺激に弱い場所です。人によっては粘膜部分にまでムダ毛がある場合もあるので、どこまで処理してもよいのかわからなくなることもあることでしょう。それではアイテム別にご紹介していきます。

まずは脱毛クリームです。脱毛クリームは腕や足に使用するにはとても優れたアイテムです。しかしIゾーンはすぐ横に粘膜があります。非常にデリケートなので脱毛クリームが中に入ってしまうとトラブルのもとになってしまいます。もし使用する場合は粘膜の近くには塗らないようにしましょう。

次は毛抜きです。

一番目に考えるのが抜くことではないでしょうか。剃ってもまたすぐに生えてくるし、抜いたら処理の回数が減りそうですがこれは絶対にやめてください。

アンダーヘアは腕や足と比べて太くてしっかりしたものであることが多いです。それを抜いてしまうと毛とつながっている毛細血管が傷つき出血や炎症が起きやすくなってしまいます。

クリームも毛抜きもNGとなったらカミソリです。目が届く範囲でしたらT字カミソリが便利ですが、Iラインはわかりにくくでこぼこしているので傷付ける恐れが大です。

そこでおすすめなのは電動シェーバーです。電動シェーバーはお肌を傷付けることがないので安全に使用することができます。

電動シェーバーでの処理方法

isjijspij

前述したように自己処理では電動シェーバーが最適だということがわかりました。しかし、きちんとやらなければ黒ずみになってしまったりするので注意が必要です。ここでは処理手順をお伝えします。

まずは長さがある部分はハサミでカットし前処理を行ないます。次に角質層を保護するためにワセリンを薄く塗り、蒸しタオルをあてて毛を柔らかくしておきます。

ここまでしてから電動シェーバーを使用しましょう。使用後は再度ワセリンを塗って角質層を保護します。

このように腕や足より丁寧に慎重に行わなければなりません。

ここまでやっても、何度も言うようにデリケートな場所なので黒ずみや埋没毛などのトラブルはおこりやすいです。

頻繁に処理することは控えてトラブルが起きたらすぐ皮膚科に行くようにしましょう。