処理した毛が伸びるのがかゆみの元!Iラインを衛生的にするためにも

VIOの中でIラインはとてもデリケートです。そして衛生的にしておきたいところ。雑菌が入らないよう自己処理する前シャワーを浴びたり清潔な状態にひて処理しましょう。自己処理後入浴するのは避けてください。湯船に目に見えない雑菌がひそんでると言われていて、自己処理後肌はいつも以上にデリケートです。

アンダーヘアの毛は体毛中髪の毛に次ぐ太さであり、毛が太いんはそれだけ毛根がしっかりしてます。毛が硬い状態のまま処理すればそれだけ皮膚にダメージを与え、乾燥の原因となりますから、自己処理前蒸してから処理しましょう。

アンダーケアはしっかり保湿をということで、カミソリ処理に比べヒートカッターは負担が少ないですが、油断大敵。少なからずダメージを追ってます。必ず保湿して乾燥しないようにしましょう。挟みを使って長い毛をカットしすべての毛が短くなれば電気シェーバーで剃ります。

自分で見えにくいところで鏡を使ってアンダーヘア状態を把握でき、ムダ毛手入れしやすいです。これの毛は電気シェーバーをもってない人の手を浸かって皮膚の外側を引っ張ります。皮膚をのばせば電気シェーバーの刃を密着させられてより肌に負担をかけないで剃れます。

参考サイト:vio脱毛後悔.net

Iラインの違和感をなくすには

Iラインは粘膜部に近くとてもデリケートで電気シェーバーな内側から外に向かい動かしシェービングして下さい。

参考:Iライン処理はヒットカッターとシェーバーを

おすすめの形な先端部分を少し残すもの。Iライン先端部をすこしのこせばVラインとつながりを作れ前から見たアンダーヘア全体の違和感をなくせます。

脱毛サロンメニューは部位別に分かれますが、部位の境目が自然な状態になるよう脱毛するのが大事です。違和感が出れば不自然さが伝わって結果脱毛前より恥ずかしい状況となります。

Iライン脱毛を経験した人のほとんどはこの部分にかゆみを感じたりしてます。このかゆみは複数原因があって、処理前処理したけが伸びてくるからです。

脱毛前Iラインの毛をすべて自己処理しツルツルの状態にする必要があり、毛が伸びすぎてればやけどするケースがあって脱毛前日まで自分でシェービングしなくてはなりません。そして、Iライン脱毛後しばらくすれば毛が伸び毛先が皮膚を刺激するのでかゆみが生じます。