Iライン処理はヒットカッターとシェーバーを

自己処理難しいところはIライン。これをきれいに処理すると衛生的で匂いが抑えられます。よくアンダーヘア処理なら生理時かぶれ問題、においを軽減されることはきたことがあるとおまいすが、その効果を出すにはIラインの処理が大きいとされています。

性器周辺は自分で見えにくいところで自己処理が1番難しいところ。しっかりした知識とトラブルが起きないよう自己処理を勧めましょう。この処理法には複数方法がありますが、Iライン自己処理に向かない方法もありますから注意。

Iライン自己処理法毛抜きで抜くのはNG。どうしてそれがダメかと言えば、アンダーヘアはとてもデリケートでそのなかでIラインは性器周辺で粘膜部の付近にあり1番デリケートで肌トラブルのリスク高いところです。アンダーヘアの毛はほか部位の毛より太く固く、毛根もしっかりしていて、そうしたものを強引に抜くのは毛につながってる毛細血管を傷つけて出血の原因になり、埋没毛になりやすく毛嚢炎を引き起こしかねないです。Iライン自己処理はVIOの中で難しく、自分で見えにくいところであり、繊細で皮膚が柔らかく伸ばしにくく処理しずらいところだからです。

2つの道具「ヒットカッターとシェーバー」を使う

(こちらのビキニ用トリーまでキャンペーンを行っているようです。)
https://www.schick-jp.com/ladies/products/hydrosilk/trim/

 

Iラインを自己処理するなら複数方法がありますが、一番いいのがヒートカッターと電気シェーバーを使った方法。ヒットカッターは熱の力で毛を焼き切ります。これは毛先を丸くカットできるところではさみの処理法、ハサミの処理ならどうしても処理した後気先がとがります。

するとチクチクかゆにが起きる原因になったりそれが原因で肌トラブルを起こすことも。毛先がとがるとパンツから毛がつんつんはみ出してきます。ヒートカッターは毛先を丸くカットできチクチクしにくくパンツから毛がはみ出すことを防げるメリットがあります。

IラインはVIOの中で肌と肌が接触しやすくて、チクチクしやすいところで自己処理なら、ヒートカッター利用がいいでしょう。熱線を守るカバーがついていてどうしてもその分短くしきれいないことがあり、これの処理だけなら整ってますが、毛が残ることになるので、そこへ登場するのが電気シェーバー。

これがいいのは直接肌に触れなくてかみそりより肌への負担が少ないことです。