処理した毛が伸びるのがかゆみの元!Iラインを衛生的にするためにも

VIOの中でIラインはとてもデリケートです。そして衛生的にしておきたいところ。雑菌が入らないよう自己処理する前シャワーを浴びたり清潔な状態にひて処理しましょう。自己処理後入浴するのは避けてください。湯船に目に見えない雑菌がひそんでると言われていて、自己処理後肌はいつも以上にデリケートです。

アンダーヘアの毛は体毛中髪の毛に次ぐ太さであり、毛が太いんはそれだけ毛根がしっかりしてます。毛が硬い状態のまま処理すればそれだけ皮膚にダメージを与え、乾燥の原因となりますから、自己処理前蒸してから処理しましょう。

アンダーケアはしっかり保湿をということで、カミソリ処理に比べヒートカッターは負担が少ないですが、油断大敵。少なからずダメージを追ってます。必ず保湿して乾燥しないようにしましょう。挟みを使って長い毛をカットしすべての毛が短くなれば電気シェーバーで剃ります。

自分で見えにくいところで鏡を使ってアンダーヘア状態を把握でき、ムダ毛手入れしやすいです。これの毛は電気シェーバーをもってない人の手を浸かって皮膚の外側を引っ張ります。皮膚をのばせば電気シェーバーの刃を密着させられてより肌に負担をかけないで剃れます。

Iラインの違和感をなくすには

Iラインは粘膜部に近くとてもデリケートで電気シェーバーな内側から外に向かい動かしシェービングして下さい。

参考:Iライン処理はヒットカッターとシェーバーを

おすすめの形な先端部分を少し残すもの。Iライン先端部をすこしのこせばVラインとつながりを作れ前から見たアンダーヘア全体の違和感をなくせます。

脱毛サロンメニューは部位別に分かれますが、部位の境目が自然な状態になるよう脱毛するのが大事です。違和感が出れば不自然さが伝わって結果脱毛前より恥ずかしい状況となります。

Iライン脱毛を経験した人のほとんどはこの部分にかゆみを感じたりしてます。このかゆみは複数原因があって、処理前処理したけが伸びてくるからです。

脱毛前Iラインの毛をすべて自己処理しツルツルの状態にする必要があり、毛が伸びすぎてればやけどするケースがあって脱毛前日まで自分でシェービングしなくてはなりません。そして、Iライン脱毛後しばらくすれば毛が伸び毛先が皮膚を刺激するのでかゆみが生じます。

Iライン処理はヒットカッターとシェーバーを

自己処理難しいところはIライン。これをきれいに処理すると衛生的で匂いが抑えられます。よくアンダーヘア処理なら生理時かぶれ問題、においを軽減されることはきたことがあるとおまいすが、その効果を出すにはIラインの処理が大きいとされています。

性器周辺は自分で見えにくいところで自己処理が1番難しいところ。しっかりした知識とトラブルが起きないよう自己処理を勧めましょう。この処理法には複数方法がありますが、Iライン自己処理に向かない方法もありますから注意。

Iライン自己処理法毛抜きで抜くのはNG。どうしてそれがダメかと言えば、アンダーヘアはとてもデリケートでそのなかでIラインは性器周辺で粘膜部の付近にあり1番デリケートで肌トラブルのリスク高いところです。アンダーヘアの毛はほか部位の毛より太く固く、毛根もしっかりしていて、そうしたものを強引に抜くのは毛につながってる毛細血管を傷つけて出血の原因になり、埋没毛になりやすく毛嚢炎を引き起こしかねないです。Iライン自己処理はVIOの中で難しく、自分で見えにくいところであり、繊細で皮膚が柔らかく伸ばしにくく処理しずらいところだからです。

2つの道具「ヒットカッターとシェーバー」を使う

(こちらのビキニ用トリーまでキャンペーンを行っているようです。)
https://www.schick-jp.com/ladies/products/hydrosilk/trim/

 

Iラインを自己処理するなら複数方法がありますが、一番いいのがヒートカッターと電気シェーバーを使った方法。ヒットカッターは熱の力で毛を焼き切ります。これは毛先を丸くカットできるところではさみの処理法、ハサミの処理ならどうしても処理した後気先がとがります。

するとチクチクかゆにが起きる原因になったりそれが原因で肌トラブルを起こすことも。毛先がとがるとパンツから毛がつんつんはみ出してきます。ヒートカッターは毛先を丸くカットできチクチクしにくくパンツから毛がはみ出すことを防げるメリットがあります。

IラインはVIOの中で肌と肌が接触しやすくて、チクチクしやすいところで自己処理なら、ヒートカッター利用がいいでしょう。熱線を守るカバーがついていてどうしてもその分短くしきれいないことがあり、これの処理だけなら整ってますが、毛が残ることになるので、そこへ登場するのが電気シェーバー。

これがいいのは直接肌に触れなくてかみそりより肌への負担が少ないことです。

Iラインを自分で処理する時の注意点とオススメの処理方法

Iラインの自己処理で気をつけるべきポイント

女性のIラインを自己処理で整える場合には、付近の粘膜部分に傷をつけてしまったり、出来るだけ細菌が付かない様な方法で処理を行う事をお勧めします。

具体的に言えば、処理方法は毛のカットを中心に、特に粘膜に近いところにはカミソリなどの傷や細菌感染の危険性のあるものは、あまり使用しない様にした方が無難でしょう。

また、Iラインの毛を毛抜きなどで無理に引き抜く事もお勧め出来ません。この部分の毛根は非常に強く、それを無理やりに引き抜くと毛穴が傷ついて、そこからまた細菌が入りこんで化膿してしまったり、毛穴が盛り上がってボコボコになったり埋没毛になってしまう可能性があります。

ですので毛抜き処理をする時は、アンダーヘア用の除毛クリームなどを利用するようにしましょう。

Iラインの上手な処理の仕方

smosm

前述したとおり、基本的にはアンダーヘアの長さを整える事を中心に処理をしていきます。粘膜部分から離れた部分はカミソリを使用したり、除毛クリームやシェーバーで形を整えます。Iラインの処理に不慣れな方は、除毛クリームよりもT字カミソリやシェーバーを使用した方が、綺麗に整えやすいと思います。

順序としては、まずはアンダーヘアのカットから始めます。カットしてから剃ったり抜いたりするのは一見二度手間の様に感じますが、毛が長いとカミソリやシェーバーで剃り辛かったり、形を整える際に輪郭が取り辛くなるので、先に短くカットしてしまいましょう。

アンダーヘアを好みの長さにカットしたら、次はカミソリやシェーバーで不要な部分を剃り落としていきます。

この時は下着を着けて、ヘアの形やはみ出した部分を確認しながら処理を行うとやりやすいかと思います。

カット

カミソリやシェーバーを使用する場合には、肌を保護するために専用ローションやクリームを併用するようにして下さい。また、事前に蒸しタオルなどで毛を柔らかくするか、お風呂に浸かった後に処理すると、お肌への負担や刺激を減らす事が出来ます。

除毛クリームを使用する場合には、綿棒などを使って塗付していきます。この場合は形を綺麗に整えるのが難しいので、大まかな外郭を除毛クリームで処理し、その後にシェーバーやカミソリで整えていくと綺麗に仕上がります。

全ての処理が完了したら、保湿液などを使ってお肌をケアすればIラインの自己処理完成となります。あとは下着や水着を着けて、処理出来てないところが無いかを鏡で確認して下さい。

慣れない内は少し手間に感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえば10分程度で出来るようになりますよ。

注意したいIラインの自己処理による黒ずみ

くろずみ

Iラインの自己処理によって、皮膚にダメージを与えつずけると、黒ずみになってしまうので注意しましょう。いちど黒ずみを起こしてしまったIラインを元の肌の色まで戻すのは難しく、コンプレックスになってしまっている方も少なくありません。

Iラインが黒いと男性に「遊んでそう」「不潔そう」などのマイナスイメージがついてしまいます。本来、黒ずみは経験人数や汚れなどによって起こるものではないのですが、先述した悪いイメージがあります。

Iラインの黒ずみは、あくまで肌のメラノサイトの過剰発生によるものです。粘膜付近は特に刺激に弱くメラノサイトが生成されやすい部分になります。

Iラインは、とてもデリケートな部分になっています。ダメージを受けることで肌を守ろうとしてメラミン色素が増えIラインの黒ずみになってしまいます。Iラインの黒ずみを起こしたくない人は、自己処理をやめましょう。 

みんなどうしてる?Iラインの自己処理のメリット&デメリット

皆さんはアンダーヘアのお手入れをしているでしょうか。近年は当たり前になってきていますが、やはり人には相談しにくく

場所が場所だけに処理が大変です。今回はアンダーヘアの中でも自己処理が特に大変なIラインについてまとめていきます。

Iラインの自己処理のメリット&デメリット

sjij

Iラインは性器の周りなのでとても刺激に弱い場所です。人によっては粘膜部分にまでムダ毛がある場合もあるので、どこまで処理してもよいのかわからなくなることもあることでしょう。それではアイテム別にご紹介していきます。

まずは脱毛クリームです。脱毛クリームは腕や足に使用するにはとても優れたアイテムです。しかしIゾーンはすぐ横に粘膜があります。非常にデリケートなので脱毛クリームが中に入ってしまうとトラブルのもとになってしまいます。もし使用する場合は粘膜の近くには塗らないようにしましょう。

次は毛抜きです。

一番目に考えるのが抜くことではないでしょうか。剃ってもまたすぐに生えてくるし、抜いたら処理の回数が減りそうですがこれは絶対にやめてください。

アンダーヘアは腕や足と比べて太くてしっかりしたものであることが多いです。それを抜いてしまうと毛とつながっている毛細血管が傷つき出血や炎症が起きやすくなってしまいます。

クリームも毛抜きもNGとなったらカミソリです。目が届く範囲でしたらT字カミソリが便利ですが、Iラインはわかりにくくでこぼこしているので傷付ける恐れが大です。

そこでおすすめなのは電動シェーバーです。電動シェーバーはお肌を傷付けることがないので安全に使用することができます。

電動シェーバーでの処理方法

isjijspij

前述したように自己処理では電動シェーバーが最適だということがわかりました。しかし、きちんとやらなければ黒ずみになってしまったりするので注意が必要です。ここでは処理手順をお伝えします。

まずは長さがある部分はハサミでカットし前処理を行ないます。次に角質層を保護するためにワセリンを薄く塗り、蒸しタオルをあてて毛を柔らかくしておきます。

ここまでしてから電動シェーバーを使用しましょう。使用後は再度ワセリンを塗って角質層を保護します。

このように腕や足より丁寧に慎重に行わなければなりません。

ここまでやっても、何度も言うようにデリケートな場所なので黒ずみや埋没毛などのトラブルはおこりやすいです。

頻繁に処理することは控えてトラブルが起きたらすぐ皮膚科に行くようにしましょう。

Iラインの自己処理、みんなはどうしてるの?

なかなか人には聞きづらい、Iラインの自己処理方法。水着や下着からはみ出たら恥ずかしいので処理はしたいけれど、繊細な部分だけに適当なことはしたくない…そんな方が多いのではないでしょうか?

Iラインの自己処理まとめ

isjijs

放置しっぱなしのIラインは蒸れや汚れを留めてしまうので不衛生。過度に伸びてしまったむだ毛は、処理をした方が見た目もよく臭いも起こりづらくなるので、快適に過ごせるようになりますよ。今回は、そんなIラインの自己処理方法の色々をご紹介します。

安全重視!ヒートカッター

isjijspij
下着からはみ出る長い毛だけを短く処理したい、という方には、ヒートカッターがおすすめ。ヒートカッターなんて危なくないの?と思われるかも知れませんが、勿論熱い部分は肌に触れないような設計になっているので大丈夫。狙いを定めた部分だけを熱で焼き切るので、処理したい分だけを適度に短くすることが出来ます。また熱処理後の毛先が丸くカットされるので、処理後も肌がちくちく刺激されることもなく、快適に過ごすことが出来ます。

手軽に!電気シェーバー

osjposjpo
実は、電気シェーバーもIラインの処理に適しています。台や鏡を使ってIラインを見やすい環境を作ったら、皮膚を引っ張りながら少しずつ剃っていくだけ。皮膚や粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、過度に肌に押し付けて剃るのはやめましょう。毛並みに沿って撫でるように剃っていくと、自然な長さと毛流れに処理することが出来ます。

本格派!ブラジリアンワックス

oshohs
ブラジリアンワックスと聞くとサロンで行うものというイメージが強いかと思いますが、実は自宅でも手軽に出来るのです。専用のキットが店舗や通販で売っているので、それを利用して自己処理に使ってみましょう。使い方は商品により微妙に異なってきますが、ワックスを温めて溶かし、毛を抜きたい箇所に塗布し、乾ききる前に毛流れに逆らっていっきに剥がす…という手順は同じ。ただ、Iラインの場合は粘膜に近く肌が繊細なので、小さい範囲で少しずつ行う必要があります。他の方法に比べ少し時間と手間がかかりますが、完全に毛を失くしたいという方には一番おすすめしたい方法です。

これはだめ!Iライン自己処理のNG集

Iラインの自己処理において一番気をつけたいポイントは、そこが特に皮膚が繊細な箇所であるということ。適さない刺激を与えてしまうと腫れたり傷がついたりしてしまうので、注意が必要です。一番手軽にやってしまいがちなカミソリ処理は、皮膚の表面に細かい傷を付けてしまうので絶対にNG!腕や脚と違いIラインは目視が難しいので、曇った鏡を見ながら身体を洗うついでに…という処理は避けましょう。また、毛抜きで一本一本抜いていく作業も、肌に負担が大きい上埋没毛の引き金になってしまうのでやめておきましょう。

仕上がりの理想によって、適した自己処理法があるのだということがお分かり頂けたかと思います。自分に合った方法で、すっきりとキレイなIラインを作っていきましょう。