みんなどうしてる?Iラインの自己処理のメリット&デメリット

皆さんはアンダーヘアのお手入れをしているでしょうか。近年は当たり前になってきていますが、やはり人には相談しにくく

場所が場所だけに処理が大変です。今回はアンダーヘアの中でも自己処理が特に大変なIラインについてまとめていきます。

Iラインの自己処理のメリット&デメリット

sjij

Iラインは性器の周りなのでとても刺激に弱い場所です。人によっては粘膜部分にまでムダ毛がある場合もあるので、どこまで処理してもよいのかわからなくなることもあることでしょう。それではアイテム別にご紹介していきます。

まずは脱毛クリームです。脱毛クリームは腕や足に使用するにはとても優れたアイテムです。しかしIゾーンはすぐ横に粘膜があります。非常にデリケートなので脱毛クリームが中に入ってしまうとトラブルのもとになってしまいます。もし使用する場合は粘膜の近くには塗らないようにしましょう。

次は毛抜きです。

一番目に考えるのが抜くことではないでしょうか。剃ってもまたすぐに生えてくるし、抜いたら処理の回数が減りそうですがこれは絶対にやめてください。

アンダーヘアは腕や足と比べて太くてしっかりしたものであることが多いです。それを抜いてしまうと毛とつながっている毛細血管が傷つき出血や炎症が起きやすくなってしまいます。

クリームも毛抜きもNGとなったらカミソリです。目が届く範囲でしたらT字カミソリが便利ですが、Iラインはわかりにくくでこぼこしているので傷付ける恐れが大です。

そこでおすすめなのは電動シェーバーです。電動シェーバーはお肌を傷付けることがないので安全に使用することができます。

電動シェーバーでの処理方法

isjijspij

前述したように自己処理では電動シェーバーが最適だということがわかりました。しかし、きちんとやらなければ黒ずみになってしまったりするので注意が必要です。ここでは処理手順をお伝えします。

まずは長さがある部分はハサミでカットし前処理を行ないます。次に角質層を保護するためにワセリンを薄く塗り、蒸しタオルをあてて毛を柔らかくしておきます。

ここまでしてから電動シェーバーを使用しましょう。使用後は再度ワセリンを塗って角質層を保護します。

このように腕や足より丁寧に慎重に行わなければなりません。

ここまでやっても、何度も言うようにデリケートな場所なので黒ずみや埋没毛などのトラブルはおこりやすいです。

頻繁に処理することは控えてトラブルが起きたらすぐ皮膚科に行くようにしましょう。

Iラインの自己処理、みんなはどうしてるの?

なかなか人には聞きづらい、Iラインの自己処理方法。水着や下着からはみ出たら恥ずかしいので処理はしたいけれど、繊細な部分だけに適当なことはしたくない…そんな方が多いのではないでしょうか?

Iラインの自己処理まとめ

isjijs

放置しっぱなしのIラインは蒸れや汚れを留めてしまうので不衛生。過度に伸びてしまったむだ毛は、処理をした方が見た目もよく臭いも起こりづらくなるので、快適に過ごせるようになりますよ。今回は、そんなIラインの自己処理方法の色々をご紹介します。

安全重視!ヒートカッター

isjijspij
下着からはみ出る長い毛だけを短く処理したい、という方には、ヒートカッターがおすすめ。ヒートカッターなんて危なくないの?と思われるかも知れませんが、勿論熱い部分は肌に触れないような設計になっているので大丈夫。狙いを定めた部分だけを熱で焼き切るので、処理したい分だけを適度に短くすることが出来ます。また熱処理後の毛先が丸くカットされるので、処理後も肌がちくちく刺激されることもなく、快適に過ごすことが出来ます。

手軽に!電気シェーバー

osjposjpo
実は、電気シェーバーもIラインの処理に適しています。台や鏡を使ってIラインを見やすい環境を作ったら、皮膚を引っ張りながら少しずつ剃っていくだけ。皮膚や粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、過度に肌に押し付けて剃るのはやめましょう。毛並みに沿って撫でるように剃っていくと、自然な長さと毛流れに処理することが出来ます。

本格派!ブラジリアンワックス

oshohs
ブラジリアンワックスと聞くとサロンで行うものというイメージが強いかと思いますが、実は自宅でも手軽に出来るのです。専用のキットが店舗や通販で売っているので、それを利用して自己処理に使ってみましょう。使い方は商品により微妙に異なってきますが、ワックスを温めて溶かし、毛を抜きたい箇所に塗布し、乾ききる前に毛流れに逆らっていっきに剥がす…という手順は同じ。ただ、Iラインの場合は粘膜に近く肌が繊細なので、小さい範囲で少しずつ行う必要があります。他の方法に比べ少し時間と手間がかかりますが、完全に毛を失くしたいという方には一番おすすめしたい方法です。

これはだめ!Iライン自己処理のNG集

Iラインの自己処理において一番気をつけたいポイントは、そこが特に皮膚が繊細な箇所であるということ。適さない刺激を与えてしまうと腫れたり傷がついたりしてしまうので、注意が必要です。一番手軽にやってしまいがちなカミソリ処理は、皮膚の表面に細かい傷を付けてしまうので絶対にNG!腕や脚と違いIラインは目視が難しいので、曇った鏡を見ながら身体を洗うついでに…という処理は避けましょう。また、毛抜きで一本一本抜いていく作業も、肌に負担が大きい上埋没毛の引き金になってしまうのでやめておきましょう。

仕上がりの理想によって、適した自己処理法があるのだということがお分かり頂けたかと思います。自分に合った方法で、すっきりとキレイなIラインを作っていきましょう。